ジョゼと虎と魚たち

邦画「ジョゼと虎と魚たち」
 監督:犬童一心
 脚本:渡辺あや
 原作:田辺聖子
 出演:妻夫木聡・池脇千鶴・上野樹里
 2003年製作

最近邦画が面白い。決して新しい映画ではないけれど、
ふと、観る映画がそれぞれ良いのである。
今日は「ジョゼと虎と魚たち」だ。
タイトルからしてそそられる。
二三日前にこの映画、途中から観てしまった。
訳が分からないからすぐさま止めた。
今日は運良く最初から観ることが出来た。

暴走した乳母車に近づき恐る恐る毛布をめくった主人公恒夫(妻夫木聡)に、
ジョゼ(池脇千鶴)が包丁で斬りつけるシーンは衝撃的だった。
ジョゼ(くみこ・竹脇千鶴)は下半身が不自由な障害者。
恒夫は今時の大学生で女の子にも嫌われない普通の男の子である。
ジョゼの楽しみはお婆ちゃんに乳母車に乗せてもらって、
散歩すること。
そして、お婆ちゃんが拾ってきた本を読みふけることだ。
学校に行っていないジョゼの知識は不思議なくらいに、
多様でなのである。

ジョゼの関西弁がとてもいい。
池脇千鶴が好演している。
あの、三井のリハウスのCMの少女からはとても想像できないのである。
恒夫の彼女になる同じ大学生の香苗(上野樹里)とはまた違う。
上野樹里は「スイングガール」でもよかったぁ。
最近の日本の俳優達は捨てたものではないと思う。

この映画、ちょっと、難しい。
だいたい、「名前は?」と聞く恒夫に「ジョゼ」と答えるくみこ。
「お婆ちゃんがくみこって言ってたよ」と恒夫。
「それじゃ、聞くな!」とジョゼ。
切り捨てるように、吐き捨てるように喋るジョゼ。

脚が不自由な女の子と大学生の若い恋と観てしまえない、
何かがある。
「虎」は何かと思いながら観ていると、
恒夫に連れていってもらった動物園で虎の檻野の前で、
「一番怖いものが虎」とジョゼが恒夫に言う。
好きになったひとができたら「一番怖い虎を見たい」と。
さりげなく、手を握るところがニクイ。

「魚たち」
恒夫の実家の法事にジョゼを連れて車で出かけることになる。
当然、両親に引き合わせて結婚するのかと、思いきや、
そうはならない。
訪れた水族館は閉館でジョゼは恒夫の背中でだだをこねる。
そして、海が見たいと・・・・
人影のない砂浜でジョゼを背負った恒夫は水の中の貝殻を拾ってやる。
ジョゼのてのひらの中の白い貝殻。

その夜二人が泊まる「魚の館」(ラブホだね)で、
ジョゼは恒夫に壁に映しだされる魚の影を見ながら、
「深い海の底にいた。風も音もない海の底に」といいながら眠りにつくのである。

それから、三ヶ月後、恒夫はジョゼとの生活を捨てて、
香苗のもとに去っていく。
あっさりとしたものである
それが、この映画のよさでもあろう。

原作を読んでみたくなった。
脚本はかなり原作とは変わっているというが、
それはそれで良いと思う。
2003年製作であるから、僕が東京に出てきて、
最も多忙を極めていた時であるから、
映画を見る余裕がなかったということで、
この映画にも縁がなかったということだ。






スポンサーサイト
[ 2011/02/16 23:25 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)

小説

田辺聖子ファンです。
映画の方を知らなかったですね。
2003年…個人的に映画気分でなかった頃です。
[ 2011/02/17 06:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/293-1c918722