芝浦埠頭

芝浦埠頭



薄日さす 東京湾の淵にたち
むこうに見える
きざきざの ビルの連なりと
向き合うとき
視界にシャッターが降りて
差し出されたのは
切り取られた風景だ

ガラス瓶の12階の窓を
すり抜けて
わずかに 歪んだ海と
曳航船<SUKURA>が
親しい音楽のように
滲みこむ







スポンサーサイト
[ 2010/04/11 16:44 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/28-a45fad73