言葉(子守歌)

       言葉(子守歌)




   言葉は清涼な山の峰から
   流れてくるようだった

   降り積む雪に閉ざされ
   光りを失った窓から
   どうして その言葉が
   子守歌のように
   忍び寄るのか
   ぼくはには
   想像できないけれど

   テレビの中でこの国の政治家が
   語る言葉は
   渚に打ち上げられた正体不明の
   漂着物のように
   しわくちゃで汚れ
   澱みに沈む

   言葉はぼくたちのことばは
   子守歌
   ねんねんころりよ ねんころろ
   おやすみ スイートハート
   暖かい夢を抱いて

   明日はきっと良い日
   また、あえる
   そして
   洗い立ての白いシャツみたいに
   お日様のにおいがすることばを
   また おまえにあげられる



スポンサーサイト
[ 2011/01/29 19:36 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/277-683618e4