告発

今世界中が「ウイキリークス」で大騒ぎである。
我が国は歌舞伎役者の酔っぱらい騒ぎを連日報道。
どちらが重大か理解できないジャーナリストと、
マスメデイアを見ていてふと、この間までTVを占拠していた、
尖閣諸島動画流出事件の海上保安官の処分はどうなった?
と考えてしまった。
あの時国内世論はあたかも情報を流した海上保安官が正義の味方の
ごとくその行為は正しかったと声高であった。
また、メデイアもそれを背景にした報道がなされたのだが、
果たしてかの海上保安官の「告発」は正しかったのだろうか。

隠されている事実を知る権利が国民にあるのは当然のことながら、
少なくとも自衛隊に準ずる我が国の暴力装置(仙谷官房長官ふうにいえば)
が海上保安庁なのである。
その海上保安官(自衛隊なら隊員)が上官、政府の命令に反して、
重大な情報を持ち出し万民の目にさらすということがあってもいいのだろうか?

未だに正義の味方の保安官の処分がどうなったのか、
僕は知らない。
告発」がいいことなのか、そうではないのか、
僕は分からない。
ウイキリークス」のように全てが白日の下にさらされた後に、
どんな世界が出来るのかそれも想像できないのである。

得体の知れない恐ろしいことが待ち受けているような気がするのは、
小心者の山猫軒だけだろうか。

スポンサーサイト
[ 2010/12/09 15:37 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/251-9d666ec2