種を蒔く

         種を蒔く




     古びた夜の匂いのなかで
     蒔いた種たちが発芽する
     夢の薬をのんで
     また 種を蒔く
     曲がり角だらけの道の
     もろい手すりにつかまって
     ぼくはふりむいて、下をみた
     花を咲かせることもなく
     ひからびた茎が立ったまま死んでいる

     でも、忘れないでください
     まだ、ここに歩む歳月があり
     目ざめと眠りのあいだの時間が
     失われたものを
     力尽きたことばが力尽きても
     ここまで来るのに寒い目にあったとしても
     不信の静寂の道ばたには
     花が咲き 葉を繁らせ
     さいわいの実を結ぶだろうから
     まだ、ポケットに残る種を
     蒔きつづけるかぎり
     失われたものは
     あたらしいものに覆われて
     未知なる風に吹かれ
     すぐれない気分は
     すっかり陽気になるだろうから
     忘れないでください
     忘れないでください
     種を蒔きつづけることを




スポンサーサイト
[ 2010/12/02 16:25 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/244-54d88a16