黒髪

先ほど硬いことを書いてしまったので、
口直しに甘ったるいうたを書きます。
柔らかく甘い山猫軒と硬く怖い山猫軒どちらを?・・・




    黒髪




   黒くふさふさした
   あなたの髪に触れるとき
   その一本 一本の毛先から
   ぼくのしらないきみが
   美しい旋律になって
   ひとつっきりの魂に
   ながれこむ

   説明もガイドブックも
   いらない
   いじわるな朝も
   いらない
   いい訳もお説教も
   いらない

   黒くふさふさした
   あなたの髪に触れるとき
   ぼくの乾いた指先から
   きみのしらないぼくが
   闇の輝きになって
   ひとつきりの魂に
   ながれこむ

   幸せも不幸も
   いらない
   どんなふかいよろこびもかなしみも
   いらない
   生きているこのぼくさえ
   いらない
スポンサーサイト
[ 2010/11/03 16:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/234-4d53b930