スキャンダルと政治

過日の民主党の代表選挙の後からどうにも気が滅入って仕方がないのである。
菅さん、一郎さん、どちらになろうと結果は結果である。
そのことよりも、この代表選挙中、菅直人側は小沢氏の「政治とカネ」
を責めたて、クリーンな政治こそ菅直人と言い立てた。
それもいい。しかし、小沢一郎、あるいは秘書と青木愛議員の不倫報道は、
最悪であったと思う。

明らかに菅総理を利するネガテイブキャンペーンである。
語るに落ちるとはこのことだ。

かつての自民党の派閥争いと乱れ飛ぶカネの総裁選挙の方が
よほど、からっとしている。

この青木愛議員と小沢一郎不倫騒ぎをみて、
僕は記憶の奥底にしまい込んだはずの嫌な出来事を思い出してしまった。
十数年前、僕は関東のとある地方都市の市長選挙で心ならずも、
選対委員長を務めることになったしまった。
候補者から執拗に頼み込まれたあげくのことであった。
対立候補は現職三期目を目指すお年寄りと市会議員歴十分な五十代の男性。
当方は一度新進党から立候補、落選の経験のある若手である。
ハナから勝ち目はないと踏んでいた。
であるから、ぎりぎりまで、勝てぬ選挙は止めておけと言ったのだが、
首長選挙に出ようなんて考える人は「オレがオレが」の精神構造なのである。
とうとう、立候補してしまった。
田舎の選挙は難しい。
市会議員、町会議員の選挙と市長、町長選挙は戦い方が異なる。
また、国政選挙も違う難しさがある。

僕は最初から勝てないと思っていたから、次ぎに繋がる戦いを選んだ。
今では当たり前だが、選対事務局のホームページを立ち上げた。
十数年前である。ネットは今ほど充実していない。
グーグルなんてなかった。
ホームページは女子大生のネットアイドルと言われていた女の子に任せる。
この子は詩の同人の会合で知り合ったのであるが、
とてもPC,ネットには詳しかった。
そして、いい詩を書いていた。
二人の詩人がいる選対本部である。
おそらく、選挙でホームページを利用した選対はまだ少なかったと思う。

次ぎに、僕は徹底的にキレイな選挙をめざした。
カネは使わない。相手候補を誹謗中傷しない。
若さと貧乏、清潔なイメージ。
今回ダメでもまだ若いからチャンスはある。

ところが、そのクリーンな選挙はあるスタッフと、候補者によって、
裏切られる。
選挙戦終盤に怪文書が撒かれたのだ。
相手候補のスキャンダルを印刷した文書が市内の有権者のもとに郵送されたのである。東京で投函されていた。
晴天の霹靂とはこのことである。
しかも、選挙事務所の他の数人のスタッフもこれに関わっていたから、
今思い出してもはらわたが煮えくりかえるおもいでいっぱいになる。

結果、惨敗であった。
次の芽もなくなった。

政治は人間の裏の部分、影の部分、が最も如実に表れるものである。
「クリーンな政治を」と言う菅さんが(彼は知らないのかも知れないが)
やってはならないネガテイブキャンペーンをやった。
小沢氏のカネのほうが良いとは言わぬが、まだ乾いた感じがするのである。

民主党の結党を経験し以来この党を支持し続けてきたが、
<民主党に決別>告げる。
ソビエト、中国、東欧諸国の社会主義国が粛正と裏切りで成立し、
そして滅んだことを忘れてはならない。
かつての学生運動家、労働組合が中枢を占める民主党も、
この道を辿るのであろうか。
暗澹たる気持ちに陥るのである。
スポンサーサイト
[ 2010/09/23 17:17 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

こんにちは

ごぶさたしております。
やっと新しくパソコンを購入したので、
早速遊びに来ました。

今回結果は管さんになりましたけど、
実は小沢さんでの政治運営も見てみたかった
という思いもあります。
陰の小沢と言われてきただけに、どんな政治を
表でやってくれるのか、そんな期待もまったく
なかったわけではなかったのですが、とりあえず
管さんがどれだけやれるか、見ものですね。
それにしても、政治がクリーンとうたっているほど
そう聞こえないのはどうしてなのか。。。
もともとグレーな世界と思っているからという
のもありますが、なんだか嘘ぽく見えてしまう
んですよね。。。
どちらにせよ、民主の時代にしっかりとした形を
作り、残してほしいですね。

また遊びに来ます^^
[ 2010/09/23 23:22 ] [ 編集 ]

民主党の政権になってから、「山猫軒さんはどう思われるだろうか?」と思うことが多くありました。
管さんは腰砕けで、日本丸の航海を任せるにはまだ役不足に思われてしまうのです。
かといって、重要な会議に出ず、会談に応じようともしない小沢さんの態度は、国難に背を向けているとしか思えず腹立たしい。
何の見識もない老齢の女が、うろうろとし憂えているだけです。与野党とも足の引っ張り合いで、出来るだけ助け合うという気持ちがみえないまま。
どこかに次の大器は出現していないのでしょうか?
[ 2010/09/30 10:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/208-608b50b1