開店休業

いまだブログの要領をえぬまま時間が過ぎて、
当然来客などあるはずもないまま、
料理(詩)を作ろうにも食材もなく、
ぼんやりと春の風に吹かれるままだ。

<ハングルの食堂>

そっけなく
背を向けた
遅い時間のホーム
電車はぼくの知らない夜の向こうに
走り去る

ぼくは それから
ハングル語のあるれる食堂で
マッコリを呑んだ
あろうことなら
日本語を忘れたい
<わかれ>
という日本語を
<あいする>
という日本語を

雨の夜更けに走り去る電車を
白い酒に浸して
ひたひた と
涙をながし
あなたに なにも尋ねなかったことを
悲しんだ
優しい言葉を言えなかったことを
悲しんだ
スポンサーサイト
[ 2010/03/15 15:33 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/2-f61d8be5