かなしみは

      かなしみは



   かなしみは 遠い とおい
   去っていった人のうしろ姿
   手にしたものを
   子供のようにあっさり捨て
   残ったものは
   無限の痛みだ

   心臓がつらそうに痛むのは
   ほんの少しだけ
   残っている
   うしろ姿の寂しさが
   恥じらいと混じり合って
   記憶しているから

スポンサーサイト
[ 2010/09/06 23:20 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/197-0edff174