夏の黄昏

      夏の黄昏



    どこかへ行きたい気分だっだ
    酒を一杯飲みたい気分だった
    一人じゃなくって
    誰かと一緒に
    つまらないことを話ながら
    静かな酒場で飲みたかった

    亭主は何度目かの手術で
    血の気の失せたひげ面に
    無理して作る小さな笑い

    夏の火照りを残す坂道を下り
    やりきれない一日の黄昏を
    背中に背負い込んで
    解けなくても
    解けない結び目が影をつくる

    どこかへ行きたい気分だった
    酒を一杯飲みたい気分だった
    猫のように
    だまって話を聞いてくれる誰かと
    たわいもないことを言いながら
    静かな酒場で飲みたかった


昨日夕方、不意に携帯が鳴った。
「侘助」とある。
日曜日、「侘助」の亭主は入院手術と聞いていたから、少し不安であった。
電話は女房のスミちゃんからだった。
「今、病院から出て歩いているところだけれど、先輩何してる?」
そう言うことで、先日「侘助」に来てくれた「豊寿司」に行こう、
というので、急ぎ家を出て、一緒に豊寿司へ。

旦那の手術は無事終了とのことで、まずはビールを飲み干す。
一人酒は嫌だと、僕が相手。
ほろ酔い加減で夏の夜は過ぎて行く。

明後日には退院というから、一安心である。
スポンサーサイト
[ 2010/08/30 21:08 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

そうなんですよね。。

ふとした時の一人酒は
なんだか切なくなって 心をもてあましますよね

ゆっくり大気を吸い込んで
もっとゆっくり吐き出して
杯の周囲を彩る不思議な香りの風と一緒に
そっとお酒を口に含んで。。。

上げた瞳に 気遣ってくれる誰かの瞳がうつる時
すごく切なく でも優しくなれる気がする。。


あの風の香りは 何故かいつも違うんですけど;;
[ 2010/08/31 20:22 ] [ 編集 ]

そんな日の
一人酒は嫌でしょうね~
寂しくなってきます
一緒に飲んでくれる
山猫軒さんがいてよかったe-266
[ 2010/09/01 18:21 ] [ 編集 ]

Re: そうなんですよね。。

美夏さん。

あなたもいける口のようですね。
一人酒もいいけれど、だれかと一緒に飲みたい、
そんな時がありますね。

懐かしい音楽が流れていたりすると、
年甲斐もなく感傷的になったりして・・・


[ 2010/09/02 17:59 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

TOKKOさん。

僕は人畜無害、ほとんどネコの仲間だから、
友達が沢山いるのだろうと思いますよ。


[ 2010/09/02 18:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/189-447d56d7