はじめての秋田弁

引きこもり症候群の年寄りが、マオの静止を振り切って、
夜の街に繰り出すと宣言したのだが、
一昨日は入谷の<侘助>へ行った。
驚いたことに、世代代わりしたはずの若旦那とその嫁さんの姿はなく、
使い古しのくたびれた親父とオカミさんがいるではないか。
オヤジはつい先頃手術をしたばかりで、また来月入院だというのに、
店にいる。
若旦那はお盆休みをとっているらしい。

まあ、僕にすればいい飲み相手、話相手だから、嬉しいのである。
そうこうしているうちに、ケイタイがプルプル。
豊寿司のオヤジから、
「どこにいるの?」
「侘助にいる」
「行っても良い?」
「よろしい」
豊寿司は水曜日が定休日とあって、飲み相手を探していたようだ。
オヤジのマークン、細君のカズちゃん、二人仲良く現われる。
この二人と飲むのは久しぶりのことである。
彼らは明日の朝、河岸に仕入れがあるとかいって、
ガブガブ飲んで、僕の分まで支払して帰って行った。
僕も帰ろうかと腰を上げたら、
侘び爺とオカミさんがまだ帰るな、と引き留める。
またまた、腰を据えて飲み始める。
酒飲みは意地が汚いね。
飲み過ぎでした。

それで、昨日は<ユロット>へ行ってみるかと出かける。
<ユロット>の一階はふぐ料理の<菊池>という店である。
素通しの硝子越しにカウンターに座っている禿頭が見えるではないか。
ワニちゃんである。
店に入って禿頭と酒を飲み始めた。
<菊池>のマスターはいい男です。
イケメンということではないが、秋田県能代市出身、秋田県人。
秋田県人はいい人が多いのだ。
ブログをやっている方々も秋田県人はいい人ですね。

ってなことで、秋田の話をたっぷり聞かされて、
おまけに、

  爆笑四コマわっぱが物語
   「はじめての秋田弁」

     こばやしたけし
      無明舎出版


を渡されて、秋田弁の勉強をしてけれ、である。
はい、勉強します。

caonnchiさん、平成ジャンさんの
秋田弁を理解できるようになるでしょうか?

それから、目的地<ユロット>ヘ。
ワニちゃんも合流して、またも飲む飲む。
引きこもりはどこへいった?
プチ鬱はどこへ?

今夜は<豊寿司>にでも行くか?
スポンサーサイト
[ 2010/08/20 16:34 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

Re: おばんです・・・平成 cao だす。

平成CAOさん。

あなたはきっと、「かちゃましくねくて、えふりこぎ」
でねべか?


[ 2010/08/21 17:49 ] [ 編集 ]

 

 
書き直し。

「かちゃましくねくて、えふりこぎ」

最悪の お褒めの言葉ありがとう。
[ 2010/08/21 21:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/184-545462f6