橋の上で

          橋の上で


           <隅田川 花火 厩橋> 




         今夜だけ 川は
         光りのつぶてを
         熱い夜空に放出して
         あなたをむかえている

         うまれては きえてゆく
         はなやかで かなしい
         夏の所作が橋上のどよめきを
         ゆるゆると
         黒いながれに落として

         忘れてしまうことを
         おそれるかのように
         あなたは花火を
         記録する
         都会の夜空を焦がす
         光りの乱舞を
         記録する
         橋の上で宙に腕を差し伸べて
         歌のように降ってくる
         宝石の群れを
         記録する

         それから ひとびとが
         漂い歩いている中で
         橋上のあなたは
         立ちつくす僕の腕の中に
         咲く花のたわむれのように
         身を寄せる

         遠い夏の日の
         果たせなかった約束の上に
         上書きされた
         花火の記録



スポンサーサイト
[ 2010/08/01 19:31 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

ごちそうさまです。
恋人を腕に抱いて 眺めた約束の花火
大切に記録されたことでしょう。おしあわせに(笑)
 
[ 2010/08/01 22:48 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

caonchiさん。

来年はよその男に上書きされていたりして・・・
ありえない話でもない。
ふしあわせな話ですが。


> ごちそうさまです。
> 恋人を腕に抱いて 眺めた約束の花火
> 大切に記録されたことでしょう。おしあわせに(笑)
>  
[ 2010/08/04 14:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/169-fe807dcd