猛暑の夜、よく眠れる処方箋

暑い日が続いている。
ことさら、暑い暑いと騒いでも、全国的な猛暑のようであるから、
あまり面白くもない。
東京、台東区上野方面は猛暑であるが、
東北地方、特に猿、熊、タヌキが出没する地域は、
雪が降っているとなれば、また話も違ってくるが、
そのあたりも、人並みに暑いらしい。


さて、暑い夜は寝苦しくて、寝付けず、
睡眠不足になるのが常であるが、
不肖山猫軒はここ数日よく眠れる。
昼であろうが、夜であろうが、ぐっすりと眠る。
寝る子は育つと言うけれど、よく眠る年寄りはどうなのだろう?
育つ=歳をとる。
ああ、いかん、いかん。
あっというまに100歳になってしまうではないか!

2010072417290000.jpg


よく眠ることができるのには、少しばかり理由がある。
大きな声では言えないので、小さな声でいうことにする。
先日<超ひも理論>のことを話したが、
その書籍が届いたのである。
当然、初心者(こどもむけ?)のための入門書の手引き書の、
ガイドブックみたいな本であるから、
難しかろうはずがない。

しかし、やはり、齢を重ねた脳みそがその物理学を理解するのは、
それなりの抵抗をするのである。
日常生活においては、数学、計算は電卓と指折り。
それに、今はPC(エクセル)ソフトという利器がある。
仕事上の計算はこれが瞬時に行ってくれるから、
考える必要が無くなったのである。
考えることは、今夜は何を食べるか、酒は何を飲むか、
ネコにパンチをもらわないようにするためには、
どうしたらいいか?
これらの難問、難題に忙殺されて、それだけで疲れ果てる毎日だ。

20年ほど前から<超ひも理論>が物理学の、
統一理論として注目を集めていたらしいのだが、
山猫軒のところにその話題がもたされたのは、
つい最近のことであった。
せめて、20年前に<超ひも理論>に出会っていたならば、
これほどまでに悪戦苦闘、目をつり上げ、
ひたいに脂汗を流しながら学問をすることはなかったと思う。
思い起こせば、20年前の山猫軒はまだ、前途洋々、
希望に溢れた毎日を送る青年のような中年であった。
宇宙・力・時間の謎を解くことなど、さほどの事もなかっただろう。

そう言うことで、<超ひも理論>全273頁(新書版)を
朝から読み始める。眺めているのではないか?
などと冷やかさないで欲しいものだ。
21日から勉強は始まった。
今、40頁まで読み進んでいる。
だいたい、一日あたり10頁ぐらいである。
これには前書きや、目次も含まれているので、
実質いかほど勉強したのかと、言われても、
なかなか答えにくい事なのである。
少し読んだだけで猛烈な睡魔に襲われマスのでね。

寝る年寄りが育って100歳になり、あの世からのお迎えに、
待ってましたとばかりに応じるのが速いか、
はたまた、273頁の入門書を読破して、
後ろに待ちかまえているさらなる物理学書に、
進むことができるか、壮大な競争が始まっているのだ。

今この猛暑の季節の中で、
「心頭滅却すれば火もまた涼し」(これでよかったかな?)
まさに、この境地である。
暑さの中で眠れない夜をお過ごしの諸氏に、ぜひ、
<超ひも理論>を勉強することをお勧めしたい。
なに、秋になって涼しくなったら、止めればよろしいのです。




スポンサーサイト
[ 2010/07/24 17:37 ] 未分類 | TB(0) | CM(3)

わはは.....

笑いました。が、実は山猫軒さまの場合別の睡眠薬もあるんじゃないですか?(般若湯....)
[ 2010/07/24 19:39 ] [ 編集 ]

面白い!!

こんばんは~!!

>寝る子は育つと言うけれど、よく眠る年寄りはどうなのだろう?
育つ=歳をとる。
ああ、いかん、いかん。
あっというまに100歳になってしまうではないか!

あはは~~!!もう貴ブログは面白い!!スゴイ
文章力。姫は「詩」はよく解らんので(。・。・;)ゴメンナサイ・・・

義父は12月で100才でっせ~~もうコラエテヨネ
こっちが早く逝きそうじゃわ。義父の場合は「超ひも
理論」ならぬ「超心配症」長男といつも話してますが、
心配ばかりして頭がフル回転がええんじゃろう(笑)
長生きの秘訣なんて当てになりませんで(爆)

それにしても、姫も今頃になって学習意欲?に目覚め
改めて「薬理学」を勉強し直してますが・・・・
覚えられん~~理解できん~~睡眠薬でございます。
[ 2010/07/25 22:55 ] [ 編集 ]

Re: 面白い!!

猫谷姫さん。
お義父さんのことブログで拝見しました。
爆笑ものでしたね。

よく寝たのでしょう。それで100歳。
その後もお元気のことと思いますが。




[ 2010/07/27 13:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/161-09ea1002