誰もおかしいと思わない。

良いではないか過半数取れなくても



参議院選挙は民主党の大敗であった。
その敗因、誰が悪かったのかとかいうことは、
ここでは述べない。
この結果参議院では与党は過半数を維持できなかったから、
さて、国会運営は難しくなり、どこと連立をくむのか、
あるいは、連合を組むのかなどと、
TVではまたぞろ、ばかな評論家とニュースキャスターたちが、
大騒ぎをしている。

が、しかし、与党民主党が過半数を取れなかったことが、
それほどまずいことなのであろうか?
法案が全て通らなくなるとか、予算案が可決できない、とかいうが、
与党の一方的な法案成立、予算案成立の方が、
よほど、危ないのではないだろうか。
僕は、これはこれでいいと思う。
アメリカだって、上院、下院ねじれていたりする。
中間選挙で大統領の政党が負けたりもする。
また、大統領の政策に対して、与党の中から反対する、
議員が現われたりもする。

かつての、小泉自民党が衆議院三分の二をたてに、どれだけ、
とんでもない政治を行ったのかを、誰も何も言わぬのは、
おかしいと思うのだ。
むしろ、常に異なる意見に耳を傾け、よりよい政策を行うことの方が
良いのではないか。
与党、野党それぞれが主張する施策、法案が絶対に正しく間違っていない、
などという事はないはずである。

一貫して民主党を支持してきた(結党以来)僕ですら、
今回の選挙は民主党に投じるべきかどうか迷った。
中学の時の恩師から、もらった手紙には、
「消費税を上げる、沖縄に基地を置く、憲法改正へ進む、まるで、
自民党と同じ民主党に反対して共産党へ投票を頼む。」
とあった。
僕もほとんど恩師と同じ意見であった。
けれども、共産党に何ができるだろうか。
むしろ、自民党よりはましな政治に期待しようではないか、と。

多くの国民は正しい選択をしたのだろうと思いたい。
今後、民主党が衆議院選挙で掲げた、<コンクリートから人へ>
<生活第一>に戻って、謙虚に話しあいと、議論から逃げずに、
進むならば、必ずや国民は再び民主党に期待するはずである。

重ねて言うが、参議院では与党は多数を占めない方がよい。
いつの間にか「良識の府」と言われなくなった参議院に、
「良識」と「チェック」の議会となることを望む。

政局のみをあおり立てる、
マスメディアと出版界、評論家達は顔を洗って出直せ、と言いたいね。

スポンサーサイト
[ 2010/07/12 22:43 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)

そうですね

>小泉自民党が衆議院三分の二をたてに、どれだけ、
>とんでもない政治を行ったのかを、誰も何も言わぬの>は、
>おかしいと思うのだ。

思います。
郵政民営化のどさくさで障害者自立支援法がアッと言う間に通過しまいした。
非正規気雇用が浸透したのもあの時から。
郵便配達員はあれから大半がアルバイトになりましたね。
なぜあのライオン丸が人気があるのか?
息子にまで人気があるのか?
まったく理解不能です。

これから多くの山積諸問題に、
ねじれの中でどういう結論が?
ちゃんと良い方向性が見出せるのか?
審議にはどのくらい時間がかかってしまうのか?
今、凡なる私は単純に心配もしてもおりますが。


[ 2010/07/12 23:23 ] [ 編集 ]

まったく同感です!

すべてにおいてパーフェクトは望めません。

>今後、民主党が衆議院選挙で掲げた、<コンクリート から人へ><生活第一>に戻って、謙虚に話しあい  と、議論から逃げずに、進むならば、必ずや国民は再 び民主党に期待するはずである。

民主が政権をとってから、少しずつ変わってきましたね。子ども手当てはバラマキなどでありません。
また裁判に関することなど、
それまでの検察の権益にメスが入れられていることは
今までになかったのでは?

メディアはいつも一方的にマイナスばかり
論じて国民を煽る。

いい加減、目を覚ませ!と言いたい。
[ 2010/07/13 05:23 ] [ 編集 ]

今回、投票に行った人はかなり真剣に候補者を選んでました。そんなにいい加減に投票はしていないと思います。わたしも、この数のバランスは、政治家には都合が悪いけど、結構絶妙のバランスような気がします。なぜなら、今後、国会運営に当たって、どの議員が真剣に国を考えどの議員が利害だけで動いているか一目瞭然になるからです。

>政局のみをあおり立てる、
マスメディアと出版界、評論家達は顔を洗って出直せ、と言いたいね。

昨日も、捻れは外国から信用をなくすとか経済が停滞するとか、TVのコメント&評論家は視聴者を脅していましたが、「自分たちがへんな番組でぐちゃぐちゃ変なメントするから、こう言う結果になったんだろうが、ごらぁ!」と思いましたね。外国は菅さんの一連の行動で既に信用は十分無くしてると思いますから、いまさら心配すること無いのにです(笑)
[ 2010/07/14 08:14 ] [ 編集 ]

Re: そうですね

みかんさん。
どんどん「ねじれる」と行き着く先はどうなるのか、
分かって国民は投票したのでしょうね。
どこかで、ブッチっと切れれるのでしょうか?
それとも、賢明な判断を政治家達がするのでしょうか?
いっそ、ぶち切れてしまえ!
そんな風に思ったりします。


[ 2010/07/14 17:49 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

しあわせさがしさん。

どうも、あなたとはいつも意見があいますね。
メディアに対する考えなどは特に。
新聞を読むのをやめ、(競馬新聞は別)TVのワイドショーはとっくの昔に。
週刊誌、雑誌も読まなくなりました。
雑誌、新聞が売れなくなったのは、活字ばかりではない、
と思っています。



[ 2010/07/14 17:53 ] [ 編集 ]

民主主義は手間ひまのかかるものだと思います。
いつから日本人はこんなにジタバタ騒ぐようになったのでしょう。
じっくり腰をすえて、見守りたいものです。
[ 2010/07/15 12:07 ] [ 編集 ]

言葉足らずで誤解があってはいけないと思い、
大急ぎで、付け加えにきました。
↑ は私なりのマスコミ批判です。
もともと日本人は付和雷同的に右往左往する傾向があると思ってますが、
小泉劇場あたりから激しくなったような気がします。

民主党は未熟さからの失政も多々ありますが、
事業仕分けなど新しい側面に国民の目を向けさせた功績は大きいと思っています。
早々に結果・結論を求めず、じっくり育てる目も私たちには必要では、と思っています。
[ 2010/07/15 12:39 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

夏の葉さん。

民主党の課題は労働組合の影響をどう排除するかです。
労働組合が今のように政治に関与する限り、
民主党の未来は暗いと思うのですが。




[ 2010/07/18 18:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/153-f8ca33a0