事業仕分けとワールドカップ

事業仕分けとワールドカップ



今度の新内閣で新たに行政刷新担当大臣になった蓮ホウ大臣が、
過日の事業仕分けの際、
「なぜ、一番にならなければいけないのか、二番ではダメなんですか?」
と言い放ったことが取り上げられて、
世論?マスコミの集中砲火を浴びたけれど、
山猫軒の意見としては、蓮ホウ議員に賛意をあらわしたい。
削減、縮減、要するに使うカネを節約しろ、大事にカネを使うようにしろ。
というもので、大学に行っているこどもに、親が仕送りする際、
「父も給与削減、母もパートをクビになったから、無駄遣いしないでね!」
と、一言書き添える国家版なのである。

しかるにだ、これまで、当たり前のように国の金庫から、
人のカネなのを良いことに好き勝手に使ってきた天下り役人達が、
科学振興を錦の御旗にして、さも、自分たちが正しく、
予算を削るのは間違っていると、声高に言うのを、
TV,新聞はさらに増幅させて報道していた。
さらに、ノーベル賞受賞の学者先生までが抗議する始末。
あきれかえって腰を抜かす寸前の山猫軒でありました。
すぐさま、これに対する反論をしようかと考えたが、
感情的になってはマズイ、沈着冷静な判断のもと、
今日まで意見を言うことを控えてまいりました。

事業仕分けについて意見を述べるとすると、
あれは、一旦全ての事業、特殊法人をゼロにして、改めて作り直すぐらいの
事をしなければ成功しないと考える。
新政権にはその覚悟を期待していたが、無理かな。
沖縄問題も<ひらきなおり>をアメリカに示せるかな?
期待していたが無理だった。


なお、蓮ホウ大臣はぼくの苦手、よくいえば、嫌いなタイプである。
感情だけで僕を屈服させる恋人と、理屈で舌鋒鋭くぼくの非をなじるおんなは、
どちらも困るが、理屈で迫られることを、考えるだけでお腹が痛くなる。
しかし、今回の事業仕分けのこの「一番、二番」発言はとても深い意味を、
我々に投げかけているのではないか?

さらに多くのカネを投ずれば世界を制覇する科学技術を確立できるのか?
科学者や学者が心おきなく研究できる環境を整えることは必要であろう。
しかし、すべて、国が丸抱えでやるのはいかがなものであろう。
優秀な頭脳が海外に流出していることも知っているが、
この問題は論ずれば長くなるので今日は止めておく。

今日、ここで蓮ホウ大臣の発言を取り上げたのは、
今夜のワールドカップ<日本対カメルーン>戦があるからである。
このワールドカップ、といっても、過去のワールドカップにおいても、
日本は一番どころか、二番も、さらには勝ち星をあげることすら、かなわななかった。
今夜だって、日本のサポーターは本気でカメルーンに勝てるなどとは、
思っていないだろう。
勝って欲しいとは熱烈に思ってもだ。
ワールドカップで勝てるチームを作るには、カネをつぎ込めばできるのだろうか?
そうではないだろう。
もっといえば、勝てなくても良いじゃないか、とも思うのだ。
カネをかければ強いチーム(外国産なしの)ができるとは思えない。
もし、強いチームができるとすれば、ひたすら、国民がサッカーを応援し、
Jリーグを支え、子供たちにボールと競技場を与えて、
何十年という歳月を費やした果ての、ご褒美として出来るのだ。

成果はカネをつぎ込めばそれに見合ったものとして、
出来上がるものではない。
戦禍の跡から現在の復興を成し遂げた我が国の姿がそれを表している。

伝え聞くところによると、今度の日本チームの選手の中には、
岡田監督の進退問題を口にしたものがいると聞く。
いつも、思うのだがスポーツは(スポーツが嫌いなのはそこにもある)
監督が全責任を負うものではないと考えている。
(山猫軒はこどもの頃から走っては最後尾、今は走ることもできない。
転んでしまう。)
選手個人の資質、身体能力にかかっていると思う。
もし、岡田監督を批判した選手がいたとしたら、その男は、
今夜のカメルーン戦でゴールにタマをけり込んでからにして欲しかった。
すでに、負けている日本チームである。
サッカー選手は筋肉にのみ栄養が回って、脳みそはからきしダメなんて言われないように、して欲しいね。





スポンサーサイト
[ 2010/06/14 16:34 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

No title

お久しぶりです。
シニアナビ、ご紹介いただいて、少しあちこち訪問したりしていますが、まだ自分でも開こうとまでの気力がありません。
皆さん、写真だけとかも多いですね。
連ぼうさん、雄弁には程遠い私ですから、小気味よいです。情味が全くなければ別ですけど、理を通すこと結構だと思います。社民党の党首の方が苦手ですね。

カメルーン戦は向こうの占い師が、「日本が勝つ」といっていましたが、それを当てにして、ヒコが寝ようと促すので少しだけ見て寝ました。
でも第2戦からは点を奪うどころか防御もなかなかかと思っています。
いずれにしても、数年前のジャパンカップのときのあの熱は何処へ行ったやら、冷めやすい私です。
息子さんとの生活は順調のようですね。山猫軒さんがお食事も作っていらっしゃるのでしょう?羨ましい!
[ 2010/06/16 07:55 ] [ 編集 ]

Re: No title

冬の寝子さん。
お久しぶりですね。
ミクシイは最近遠のいてしまいました。
あちらで、メッセージしますね。

サッカーは日本の負けと予想して書いたのですが、
嬉しいハズレでした。

息子とマオは相変わらず険悪な関係で、
にらみ合いですよ。

[ 2010/06/16 16:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/121-33f30df1