揺れる写真

             揺れる写真



              ゆれる帽子の陰で
              写真のひとは
              季節の風のように うつくしい
              山の峰をこえてゆく
              走り雨が
              みえない滝の音を
              きかせてくれる

              ちからを込める
              はだしの足の指先に
              きしきしと 大地が
              沁みてきて
              のばす細く白い腕に
              桜の実がたわわに匂う              
スポンサーサイト
[ 2010/06/12 16:40 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

ゆれる・・・

やられちゃったぁ・・・

なにか素敵なお題はないかしら、と(山猫軒さん曰く、「難しい」のを)って思うんですけど
邪心が働くせいかなんにも思いつかなくて

そんな時にこんな詩に出会うと、

もう~~~!  どなたに捧げた詩?

とちょっと妬いたりしちゃいます。(笑)
[ 2010/06/12 18:07 ] [ 編集 ]

Re: ゆれる・・・

夏の葉さん。
こんばんは。
だれに書いたのかは、ヒ・ミ・ツです。
そのうちに、そっと、教えますよ。

それよりも、
食材をください。
もう、イメージが涸れて倒れそうです。

[ 2010/06/13 23:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/119-05d8542f