酔っぱらいの夜

      酔っぱらいの夜




         かぞえきれない 昨日
         かぞえるだけの 明日

         よっぱらいの眠りを載せて
         夜汽車が濃霧の中に消える

スポンサーサイト
[ 2010/06/12 16:24 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

No title

酔っ払い電車いいなぁ。
朝、目が覚めたら体中に魚の鱗が
付いていて通勤の男女が足速に
過ぎていったっけ、100年も昔の
ことだったかも知れない。
[ 2010/06/13 14:56 ] [ 編集 ]

Re: No title

まさやんさん。

そういえば、お若い頃に東京で不良してたんですね。
むかしの不良が短歌を詠む。
ぼくは今不良で詩を書いています。

身体に付いていた鱗、
あした、これで、詩を書いてみよう。




[ 2010/06/13 23:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://isoisomao.blog3.fc2.com/tb.php/118-307062b1