とどのつまりは




とどのつまりは


とどのつまりは 独り
夢うつつ 幻の日々は
流れ去った
曇天の下で途方に暮れた
猫が呟く

今日は群衆とともに
灰色の重たい塊を握りしめ
行進しよう
独りで
スポンサーサイト
[ 2015/08/30 07:21 ] 未分類 | TB(0) | CM(5)