いま





いま


悲しみはいつも傍らに
喜びはいつも傍らに
寂しさは僕達の胸の内
嬉しさは僕達の腕の中

悲しさが流れてゆく
喜びが広がる
寂しさが光の中に溶ける
嬉しさが囁く

覚えたばかりのような恋をする
テエブルの上で花が香る
重ねる瞳の中で揺れる
伝えきれない想いの花粉を滲ませる

いつかは ぼくたち
消えてしまう
薄闇のなかで言葉にならない
言葉をかわし

やっと、きてくれた ね
いつかは きっと、来ると
わかっていた
まだ 時間はたっぷり、あるから


スポンサーサイト
[ 2013/05/30 20:18 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)